自宅 共有

不動産の共有はダメ!

 

幸い、我が家においては、いまのところ関係がない「相続」ですが、いずれは直面せざるを得ない現実問題ではあると感じています。
相続と聞くと何となく、「お金持ちの話」と感じる人は多いと思います。
実際、相続=遺産分割対策について、ウチには財産がないから関係ない、という話を耳にすることがありますが、実はお金がないから必要ないというのはむしろ逆で、失礼な言い方かもしれませんが、お金がない家庭ほど揉めているのが現実です。
もちろん我が家の場合も、自宅(嫁の実家)が主たる財産なので、ココで言うお金がない家庭に該当します。

 

もちろん、引き継ぐものが一切なければ、何も問題は起きませんが、特に、財産が自宅などの不動産しかないという場合には、二次相続でトラブルが生じやすいのです。
なぜなら、仮に相続財産が現金なら、相続人が何人いようと簡単に遺産分割できますが、自宅は切って分けられませんから。

 

もし親御さんがなくなって、複数の相続人が自宅を共有で相続した場合、家を売ったり建替えたりする際に、全ての共有者たちの合意が必要になります。

 

また、共有者が亡くなると、その権利が子供たちに相続され、共有者がネズミ算式に増えていきます。
そうなると、にっちもさっちもいかなくなってしまう結果に。

 

なので、何かと面倒の多い共有は、できるだけ避けることが望ましいのです。

自宅をどう分ける?

 

住宅を相続するイメージイラスト

前述したように、自宅を切って分けることはできません。
それでは、自宅をどう分ければ良いのか考えてみましょう。

 

一つ目の方法として、換価分割があります。
換価分割とは、自宅を売って、その売却金を分割する、という分割方法です。

 

自宅を売って残ったお金を相続人が分割するので、すっきりと分けられ、分割自体には何の問題もないのですが、相続が発生した後でこの方法を行うと、どうしても売り急ぐことになり、思うような価格で売れないケースも多く、財産が目減りしてしまうことが考えられます。

 

二つ目の方法として、代償分割があります。
代償分割とは、相続人の内1人が自宅を相続し他の相続人に現金(代償金)を渡す、という分割方法です。
単純に比較すれば、この方法が最もスムーズな分割方法ですが、自宅を相続する人が、代償金の原資つまり現金を持っていなければなりません。

 

通常、生前からの相続対策では、自宅を相続する人を決めておき、生命保険等を利用して代償金を用意するなどの方法がとられます。
このとき間違えてはいけないのが、生命保険金の受取人を自宅を相続する人にしておく、ということ。

 

一般的に、平等に相続させると考えた場合、保険金はそれ以外の人に直接受け取らせたい、と考えがちですが、民法上では生命保険金はみなし相続財産なので、受取人固有の財産と見られ、仮に自宅以外の相続人が直接保険金を受け取った場合には、加えて代償金を貰う権利が残ってしまうからです。

 

それと、自宅の代償金となるとそれ相応の金額が必要となり、生前に生命保険料の負担が増えることも忘れてはいけません。

 

自宅を「終の棲家」と考えるなら相続発生後の売却もやむを得ませんが、そうでないなら時間的な余裕をもって自宅を売却することが、最も効率のよい対策方法と言えそうです。

 

>>>いまスグ無料で一括査定を利用したい方はこちら<<<

 

 

→トップページでは、自宅を売却するときに知っておくべき5つのポイントをお伝えしています。